煙草を想像する男性

路上の喧嘩をさけるためにも禁煙が必要

昔は町中で喫煙をする姿がよく見られたものですが、タバコをめぐって路上での喧嘩になることもありました。歩きたばこの火でけがをしたとか、煙が喫煙していない自分にかかってくさいとか、吸い殻の灰がかかったなどいろいろです。喫煙している方は、そんなに人が嫌がっているとか自分が加害者側であると、意識が少ないですが、やられた方が本当に気分が悪くなるばかりなので、喧嘩に発展するケースも多いのです。
実際喫煙による健康被害については、医学的にも証明されているものです。喫煙によって肺がんのリスクが高まることはわかっていますが、それは喫煙者だけではないのです。煙を吸ってしまう人が肺がんになるケースがあります。これが受動喫煙といいますがこのことが、社会問題にもなっているのです。このため国をあげて禁煙を推奨しようという動きもあります。この効果もあってか、公共施設は禁煙が当たり前になっていますし、会社でも分煙のところも多いです。また飲食店も禁煙や分煙になっているのです。
こうした流れによって、いまは、路上で喧嘩する姿は、ほとんどみかけないようになっているのです。
ただ、喫煙者の中には、なんとか禁煙をしたいと願っている人もすくなくはないです。ただ、ヘビースモーカーになってしまうと、自分の気持ちだけではどうにもならないという人も多いです。そんな人に朗報なのは禁煙外来にいくという方法です。いまは錠剤の薬をのむだけで、タバコの味がまずくなってしまうという薬がでています。この薬を飲むことで、比較的に楽に禁煙ができるようになっているのです。こうした治療によって、禁煙が加速しているのも事実です。社会は自分だけで生きているわけではないのでどうしても喫煙したいという人は、他人に迷惑をかけないように喫煙しなければなりません。