煙草を想像する男性

禁煙の難しさとニコチン受容体と依存度のチェック

煙草は麻薬と同じような依存が在ります。
煙草における依存と言うのはニコチン依存であり、煙草を吸う事で体内にニコチンが取り込まれるようになりますが、禁煙を始めるとニコチンが体内に取り込まれなくなるため、ニコチン依存が高くなります。

ニコチンは体内に入ると細胞組織から脳内に送られ、ニコチン受容体と結びついて、ドーパミンを分泌させます。
ドーパミンが分泌される事で、煙草の満足感を得ることが出来るのですが、禁煙を開始することでニコチン受容体に結びつくニコチンが取り込まれなくなるため、イライラや集中力の欠落などに繋がり、禁煙における離脱症状が現れる事になります。

尚、ニコチン依存度は個人差が在り、簡単に禁煙が出来る人もいれば、何度も挑戦しては途中で挫折をしてしまうなど様々です。

ニコチン依存度におけるチェックは「Tobacco Dependence Screener」、通称「TDS」と呼ばれる方法で禁煙治療を担当する医師がニコチン依存度のチェックを行い、治療における材料として利用すると言われています。

禁煙治療は、禁煙補助剤と呼ばれている医薬品を利用して進めて行く事になりますが、医薬品を処方するだけではなく、ニコチン依存のチェックを行って、禁煙をしたいと言う患者さんに最適とされるアドバイスを行って治療を行う事になるため、一人で離脱症状と闘いながら煙草を止めるのと違うと言われています。

また、処方される医薬品はニコチンが含まれていないのですが、服用することで少量のドーパミンが分泌されるため、離脱症状を抑える作用が在るため、煙草をひたすら我慢するのと比べると、煙草への欲求を抑えられるなどのメリットも在ります。