煙草を想像する男性

禁煙の何が難しいのか

タバコを嗜好している人にとって、タバコを吸うことは生活習慣の一部であり、仮にそれを行なわなくなると歪みが生じることが明らかです。その歪みとは、イライラや落ち着かない、すっきりしないといった離脱症状が主流です。

その原因は、タバコに含まれているニコチンの働きがあり、それを体内に取り入れると脳内に快楽物質を作り出し、脳内の快楽状態に導きます。つまり禁煙をするとニコチンを摂取することがなくなるので、脳内に快楽物質を作らなくなり、それによってイライラや落ち着かないなどの症状が起こるのです。

ニコチンには依存症になる性質もあり、症状が酷くなるとそれを常時、摂取し続けていないと気が済まない状態になることがあります。つまり、一本吸った後でも即座にもう一本といった具合に吸い続け、気がつけば一日100本近くまで吸うヘビースモーカーも存在します。

最近は歩きタバコ禁止や喫煙所でしか吸ってはならないとするルールも出来て、喫煙者は肩身の狭い思いをすることも多くなりました。そのため、この機会に禁煙を志す人も増えています。

以前より周囲の人の迷惑や喫煙が及ぼす健康への害が指摘されていたので、禁煙に挑戦をする人もいたのは事実です。しかし禁煙に挑戦しても、その強烈な離脱症状に打ち勝つことが出来ず、最終的にはタバコを吸ってしまうというケースが後を絶ちません。

特に長年、吸い続けて習慣化している人にとっては、挫折すること割合も多いのです。今まで当たり前だったことをいきなり止めるというのは、人間にとっては非常に難しいのです。

そのため、代わりとなる電子タバコやニコチンガムを噛むなどしていき、徐々にタバコを吸う本数を減らし、最終的には一切タバコを吸わない状態に持っていく方法がベストとなります。